徒然なる趣味人のブログ


by fuka-sya1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2003年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

複線向けリファレンス

■直線モジュール
  ⇒モジュールボード
    奥行き:300mmが望ましい 横:248mm×n-2mm
    床面からレール底面までの距離は60mm ねじ式のアジャスターなどでの調整も可。
  ⇒レール設置位置
    外周線路はボード手前端からレール中心の距離が133.5mmになる様に配置
    内周線路はボード手前端からレール中心の距離が166.5mmになる様に配置
    給電フィーダーに関してはボードの端どちらから見ても
    青(+)白(-)ー白(-)青(+)の順番に配線する事を厳守

■コーナー部モジュール
  ⇒モジュールボード
    床面からレール底面までの距離は60mm ねじ式のアジャスターなどでの調整も可。
  ⇒レール設置位置
    内周線路はR1114mmになる様に配置
    外周線路はR1147mmになる様に配置

※各項目共通のリファレンスに関しては、こちらを参照願います。
[PR]
by fuka-sya1984 | 2003-08-15 00:00 | 模型製作テクニック
■直線モジュール
  ⇒モジュールボード
    奥行き:400mmが望ましい 横:248mm×n-2mm
    床面からレール底面までの距離は60mm ねじ式のアジャスターなどでの調整も可。
  ⇒レール設置位置
    外周線路はボード手前端からレール中心の距離が232.5mmになる様に配置
    内周線路はボード手前端からレール中心の距離が265.5mmになる様に配置
    給電フィーダーに関してはボードの端どちらから見ても
    青(+)白(-)ー白(-)青(+)ー青(+)白(-)ー白(-)青(+)の順番に配線する事を厳守

■コーナー部モジュール
  ⇒モジュールボード
    床面からレール底面までの距離は60mm ねじ式のアジャスターなどでの調整も可。
  ⇒レール設置位置
    内周線路はR1048mmになる様に配置
    外周線路はR1081mmになる様に配置

※各項目共通のリファレンスに関しては、こちらを参照願います。
[PR]
by fuka-sya1984 | 2003-08-15 00:00 | 模型製作テクニック

単線向けリファレンス

■直線モジュール
  ⇒モジュールボード
    奥行き:300mmが望ましい 横:248mm×n-2mm
    床面からレール底面までの距離は60mm ねじ式のアジャスターなどでの調整も可。
  ⇒レール設置位置
    線路はボード手前端からレール中心の距離が166.5mmになる様に配置
    給電フィーダーに関してはボードの端どちらから見ても
    青(+)白(-)の順番に配線する事を厳守

■コーナー部モジュール
  ⇒モジュールボード
    床面からレール底面までの距離は60mm ねじ式のアジャスターなどでの調整も可。
  ⇒レール設置位置
    線路はR1114mmになる様に配置

※各項目共通のリファレンスに関しては、こちらを参照願います。
[PR]
by fuka-sya1984 | 2003-08-15 00:00 | 模型製作テクニック

各項目共通リファレンス

⇒使用するレールは接続面がユニトラックに統一されていればモジュール内はフレキなどの使用が可能
⇒脱線などのトラブルが無い様に対策を施せばポイントなどのギミックレールも設置可
⇒接続面のみ上記の配置を厳守すればモジュール内のレール配置は自由
⇒電力供給をより簡易化するために、各モジュール、各線ごとにフィーダーを設置する
⇒高架橋脚を使う場合は、各自で切断もしくは低い橋脚を使い嵩を足して高さを揃えること
⇒高架橋脚を切断出来ない場合(高架駅システムを使う場合等)は「ゆるやかな」前後のスロープもセットで製作すること
⇒モジュール内のレール配置は自由だが、高低差をレイアウト内に設ける事は原則禁止
⇒レールは接続面で1mm程突き出させる。
[PR]
by fuka-sya1984 | 2003-08-15 00:00 | 鉄道模型